2022.07.05
# 恋愛

年収600万のさわやか34歳男性、「アプリで全然恋人ができなかった」意外なワケ

見た目もよく、年収5000万円と高収入なのにマッチングアプリがうまくいかなかった僧侶の池田慧さん(40歳・仮名)。

【前編】「年収5000万円の40才イケメンが、「アプリで恋人ができなかった」意外すぎるワケ」で紹介した通り、相談に乗ったマッチングアプリアドバイザーの渡辺ゆいかさんは「おしゃれのつもりでかぶっていた帽子が、薄毛を隠しているように見えてしまった」と話す。

では、どうすればよかったのか。具体的なアドバイスをお伝えしよう。

写真はイメージです〔PHOTO〕iStock
 

「自慢のポイント」をどう撮るか

ゆいかさんが池田さんにアドバイスしたのは、写真の撮り直しだった。ひと目で職業が伝わるように、袈裟姿で撮影することにしたのだ。背景はもちろん実家の寺だ。

「お寺の敷地内にある池田さんの自宅がかなり大きいことが分かったので、2枚目以降の写真にはさりげなく自宅を映り込ませました。3枚目には愛車であるドイツの高級車を、これもさりげなく入れています」

忘れてはならないのは、あくまで日常にあるものに限定してアピールすること。経済的なゆとりがあるからといって、別荘や海外旅行の写真を入れるのは「余計なストーリー」になる。

袈裟姿の写真に変えた池田さんには、すぐに500を超えるいいねがつくようになった。アッパー層男性向けのアプリの審査にも通り、そこで知り合ったモデル経験のある女性との交際がスタート。1年後に見事結婚に至った。

関連記事