日本の就労者の実に7割―第3次産業の過度な発展は国家を衰退させる

「衰退先進国」英国に迫る高比率

空気の重要性は普段わからない

我々が普段その重要性に気付かない事例は多い。海の底で、スキューバダイビング用のタンクの残量がゼロになって初めて空気の有難さを実感する。また、灼熱の砂漠で迷子になってさまよった時に、水の有難さがわかる。

食料、エネルギー、さらには半導体なども同じだ。

例えば、昨年12月6日公開「脱炭素原理主義が今の『自業自得エネルギー危機』を招いている」で述べたように、化石燃料をまるで悪魔の手先でもあるかのように非難していた狂信的な脱炭素主義者たちは、化石燃料が世界的に不足して世界市民が苦しむ中で、だんまりを決め込んでいる。そういえば、彼らのシンボルであったグレタ・トゥーンベリさんを最近見かけないようだが。

2年以上も前の2020年5月6日の記事「原油先物マイナスでも『世界は化石燃料で回っている』と言えるワケ」で述べた通り、「化石燃料は現代文明に必要不可欠」なものであり、その極めて大切なものを蔑ろにした報いを我々は受けているのかもしれない。

by Gettyimages

また、食料問題も特に日本において深刻だ。カロリーベースの自給率が37%しかないというのは明らかに危険水域である。カナダの266%、オーストラリアの200%は突出しているが、米国132%、フランス125%である。さらにドイツは86%、英国、イタリア、スイスもおおむね50%台から60%台である。(農林水産省「世界の食料自給率」

エネルギーについてはさらに深刻だ。日本の1次エネルギー供給の約4割を占めている石油は、その99.7%を海外からの輸入に依存している。さらに輸入先では中東地域が8割以上と偏っている(「e-Stat、政府統計ポータルサイト」)。また天然ガスも石油同様にほとんどが海外からの輸入だ。

そして、自動車生産などにも大きな影響を及ぼした半導体の不足は今でも続いている。いくら優れたソフトウェアがあっても、半導体を使ってハードウェアを製造できなければ無用の長物であることを我々は思い知った。

結局、我々はこれまで「いつでも好きな時に手に入る」という「デフレ経済の常識」にどっぷりとつかっていたわけだ。しかし、昨年10月30日公開「4半世紀デフレの後の『反動インフレ』は起きてしまったら制御不能か」という状況に突入する中で、「必要なものを確保する」ことの重要性をますます強く感じるはずだ。

 

また、これまで第3次産業が経済成長のベースであると考えられていたものが、「第1次・第2次産業こそが国家の基盤を支える」という考え方に変わっていくことであろう。

つまり、これからの日本の成長は「第1次、第2次産業」に大きく依存するのだ。

現在、食料・エネルギーが欠乏し、人々が第1次産業の有難さを再認識している。第2次産業も同様だ。半導体の不足が騒がれているが、それ以外の多くの工業製品においても重要性が再認識されるであろう。

関連記事