死刑に参加した刑務官が明かす…執行直前に死刑囚が語った最期の言葉、その瞬間に起きた「惨劇」の全貌

確定死刑囚3人の刑が昨年12月21日午前に執行された。死刑執行は2019年12月以来とおよそ2年ぶりで、岸田政権の発足後は初めてとなる。今回の執行を受け、確定死刑囚は108人となった。

日本では死刑判決はどう行われ、死刑囚はどんな生活をして、死刑はどう執行されるのか。前編に引き続き、漫画家・一之瀬はちさんが実際に死刑に立ち会った刑務官に取材した『刑務官が明かす死刑の秘密』を取り上げる。

「刑務官が明かす死刑の秘密」(一之瀬はち)
 

最期の言葉が終わると…

死刑の際、タイミングを計ることも刑務官の大切な仕事だ。死刑の際、落下のタイミングは現場指揮の刑務官が取ることになっている。(1)手をあげると、(2)執行のブザーが鳴るという手順だが、その落下の合図を出すのが非常に難しいのだという。

『刑務官が明かす死刑の秘密』より

「死刑囚の首にロープをかけ、手足には手錠。その用意が整うと死刑囚は最期の言葉を話すことができます。その言葉が終わると落下のタイミングなのですが、タイミングを間違えて途中で落としてしまうと、死刑囚は落下の衝撃で舌を噛み切ってしまい、落下地点が血まみれの惨劇となってしまう可能性があるのです。そのタイミングが非常に難しく、指揮官は非常に強いストレスに苛まれる」(取材したM刑務官)

関連記事