2022.07.03
# ビジネス

売上1200億円!連載終了から27年経っても、『ドラゴンボール』が大人気なワケ

最新映画から読み解く
※本記事は、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の内容に関する記述を含んでいます。

年間の売上は1200億円以上

ここ10年で10倍以上の売上高を稼ぐようになったモンスターコンテンツ――なにかわかりますか?

正解は『ドラゴンボール』シリーズ。

四半世紀以上前に原作漫画の連載が終了している『ドラゴンボール』が、年間1200億円超を荒稼ぎし、今まさに過去最大の隆盛期に突入しているのです。

1979年生まれの筆者は、1984年に連載が始まった『ドラゴンボール』に少年期から魅了されており、今なお現役ファン。6月11日から公開され、27日の時点で観客動員数・約121万人、興行収入・約16億円と好調な最新映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』も、初日に鑑賞してきました。

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』のパンフレット(筆者撮影)
 

わかってはいたことですが、映画館に来場する客層の広さには驚かされたものです。連載当初から追いかけている筆者と同世代(40代)と思しき方々がいるのはもちろん、同じぐらい20代と思しき若者もおり、なにより小学生の子どもを連れて親子二世代で鑑賞する家族層も非常に多い。

少々ネタバレになるのはご容赦いただきたいのですが、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の敵勢力は原作漫画でもおなじみのレッドリボン軍で、ファン垂涎の展開がてんこ盛り。今作は主人公の孫悟空やライバルのベジータの登場シーンは少ないものの、その代わり悟空の息子・孫悟飯とその師匠・ピッコロがメインで活躍するストーリーとなっています。

見どころは悟飯の新形態「孫悟飯ビースト」とピッコロの新形態「オレンジピッコロ」がお披露目されることと、あの凶悪だった敵キャラ・セルが「セルマックス」という思わぬ形で復活することでしょう。それと、わかる方にはわかると思いますが、個人的には久しぶりに“イキリ飯”が観られて大興奮でした。説明すると長くなるので“イキリ飯”がなにかを知りたい方は、ぜひググッてみてください。

SPONSORED