2022.07.01
# ジャガー横田 # 木下博勝

ジャガー横田長男「寮母のメシがまずい」大炎上でいちばん得するヒト、いちばん損するヒトは誰なのか

なぜ子どもの「失態」を世間にタレ流すのか

ジャガー横田の夫で、医師の木村博勝氏が「JJ(筆者注:ご長男の大維志君のこと)が入学して、現在通っている高校名を公表するという大変貴重な回でございます」と高らかに宣言してはじまった6月27日配信のYouTube「ジャガー横田ファミリーチャンネル」のインスタライブ。
しかし、蓋を開けてみれば予想外の部分が炎上したのでした。

現在、自宅を離れて、寮生活を送る大維志君。「寮母のメシがマズい」と発言し、木下氏も「こら、見てるかもわからんだろ」と注意の仕方が甘かったため、炎上したのでした。学校名を公表するのなら、寮母さんが誰なのか特定することは簡単なわけで、よろしくないことは間違いないでしょう。

木下氏と大維志君。YouTube「ジャガー横田ファミリーチャンネル」より
 

しかし、古参のウォッチャーである私に言わせると、大維志君のこういう言い方はいつものことなのです。

反抗期ということもあるでしょうし、注目を集めるためにわざとオラついているのかもしれませんが、高校受験直前に学校の先生に対して「公務員のおまえら、ふざけんなよ」と言っていましたし、その時も父親である木下氏も特にそれをとがめることはありませんでした。平常運転にも関わらず、炎上してしまったのは、やはり高校名を自ら明かすと宣言したことと関係しているのかもしれません。

それにしても、なぜ、このファミリーは炎上にもめげず、お子さんに悪いイメージがつきかねない発言を削除も編集もせずに流しているのでしょうか。

有名になりたいからでしょうか? 一般人であれば、知名度を得るために、子どもをダシにして、炎上すら恐れずそういうことをするかもしれない。しかし、ジャガー横田も木下氏もすでに有名人ですから、そんなことをする必要は全くないでしょう。

動画のネタに困っているからでしょうか? それも考えにくい。というのは、夫妻はプロレスと医業という専門分野があり、そこまで真剣にYouTubeをやる必要があるとは思えないからです。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
SPONSORED