【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#44】

3人兄弟の母でブロガーで、アメブロ子育てブログ部門連続1位をほこるオギャ子さん(ブログはこちら)。子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない……」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしのイラストとともに教えていただく本連載『捨てる育児』も、あっという間に今回で最終回。
第44回目となる本連載最後のテーマは「自分の仕事を誇れるようになった瞬間​」について。

毎日ブログを執筆し、等身大の母の姿や1人の人としての姿、仕事人としての姿など多くの姿を発信されているオギャ子さんが、そもそもブログを始めたきっかけとは?

日々の日常を記録する中で、子どもから気付かされたことや学んだこともたくさんあった反面、思わぬ反応を受けることも。ほかにも子育てと仕事の両立の難しさや、そもそも“ブロガー=職業”として世間に理解されにくいという状況もあった中で、今回はこれまでを振り返り、子どもから勇気づけられ励まされたエピソードについて教えていただきました。

「母親」以前に「1人の人」。今後も正解がない子育てに対して「自分らしく」向き合いつつも、1人の人として抱いている「今の思い」を綴っていただきました。

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

大変なことほど笑いに」葛藤も多かった11年間

\右にスクロールしてお読みください!/