2022.07.05

日本株、「参院選」後に大注目の「プロ厳選・国策銘柄7選」を全実名公開…!

参院選後の日経平均株価上昇率は75%

政策期待の高い関連銘柄

上半期(1-6月)の株式市場は、円安進行、ウクライナ侵攻、インフレ進行、まさに激動となった。海外市場と比べて底堅さを示した印象のある日本株市場だが、ドル建て換算の日経平均株価は23%の下落と、30年ぶりの下落率となった。米S&P500指数(20%下落)を下回るパフォーマンスで終えている。

下半期の巻き返しが期待されるなか、7月10日に投開票を控える参議院選挙の結果が注目される。過去の参議院選挙と日経平均株価の関係をみれば、選挙終了後から年末時点までに株価が上昇している確率は75%(18勝6敗)と高い。

不思議なほど支持率の高い岸田政権が、持ち前の無難さを存分に発揮して与党を勝利へ導けば、長期政権の道筋がみえてくる。アノマリー(経験に基づく規則性)からは、下半期の株式市場にも巻き返しの期待が高まるかもしれない。

[PHOTO]gettyimages
 

6月7日に政府は「骨太の方針(経済財政運営と改革の基本方針)」と「新しい資本主義」の実行計画を掲げている。(1)「人への投資」、(2)「科学技術・イノベーション」、(3)「スタートアップ(新興企業)」、(4)「脱炭素・デジタル化」を重点投資分野の4本柱に据えている。選挙の結果次第では、政策期待の高い関連銘柄への注目度も高まりそうだ。

SPONSORED