2022.07.17
# 鉱物 # 化石 # 海

化石発見から1世紀! 長い研究の末に復元された「ハルキゲニア」

最終的に上下・前後が逆さになった!?

化石を手がかりに、科学技術を駆使して、古生物のさまざまな謎に迫る「古生物学」。それは、まさに"良質なミステリー"とも言える学問ですが、中でもその進化と滅亡、あるいは現在へに至る道程、「生命の歴史」は、とりわけ壮大なテーマの1つです。

そして、私たちに、その古生物を生き生きと想像させてくれるのが、そうした研究から生みだされた復元。イラストや図に描かれた姿は、まさに当時の世界を彷彿させます。しかし、現在描かれる復元が確定するまでには長い年月を必要とした生物も少なくありません。そして、また新たな知見が加われば、そうした姿もまた"更新"されることでしょう。

『カラー図説 生命の大進化40億年史 古生代編』では、そうした古生物の復元された姿を、リアルなイラストと貴重な写真で詳説していますが、その中から、復元にいたる過程が特徴的な古生物とその研究をご紹介します。

カンブリア紀化石の"二大産地"

今日の私たちが知るカンブリア紀半ばの生物相は、2つの産地から発見された化石群によるところが大きい。その産地の1つは、ミクロディクティオンの化石産地である中国の澄江(チェンジャン)。もう1つは、カナダのバージェス山だ。

澄江は、中国南西部にある雲南省の一地域で、そこに分布する約5億2000万年前の地層から化石が多産する。ミクロディクティオンのように、からだの一部だけが硬質化している動物の化石もあれば、全身が軟組織の動物の化石もある。三葉虫類のように硬い殻をもつ動物の化石も発見されている。

【写真】ミクロディクティオンの復元画ミクロディクティオンの復元画。10対の足をもっていた illustration by aiichi kato

バージェス山のバージェス頁岩(けつがん)は、カナダ西部のブリティッシュコロンビア州に分布する地層で、約5億500万年前の化石が多産する。こちらからもさまざまな動物の化石が発見されている。

カンブリア爆発とは

澄江の地層のほうが1000万年以上古く、また地層の色も、地質も、化石の産出状況も両地層で異なる。

澄江の地層は薄い茶色で、粘土の粒子からなる。化石は地層面と、化石本体の平たい部分(背中など)が並行になっている場合が多い。

一方、バージェス頁岩の地層は、暗灰色で、泥がガッチリと固まってできている。「頁岩」と呼ばれるこの岩石は、「頁(ページ)」の文字が示唆するように薄く剝がれる性質がある。化石は、地層面と並行なものもあれば、あおむけになっているもの、横になっているものなどさまざまだ。

澄江の化石群は、かつて多数の動物が暮らしていた海底に無酸素の水塊が流れ込み、動物たちが瞬時に死に絶えてできたとみられている。

一方、バージェス頁岩の化石群は、乱泥流に巻き込まれた動物たちが化石化したものとされる。

【写真】パージェス山カナダのパージェス山 photo by gegttyimages

両地域とも、大学や博物館によって組織的な発掘がおこなわれており、数百種の動物化石が報告されている。

こうした化石に基づいて、短期間に多様な動物が増えた──つまり、爆発的な"多様化"が発生したように見える現象を「カンブリア爆発」と呼んでいた。

関連記事