2022.07.07

30歳男性が絶句…結婚を考えていた彼女が最後に放った「衝撃的すぎる一言」

人妻との出会いがきっかけで…

愛知県に住む酒井翔太さん(仮名・30)はマッチングアプリで出会った彼女・鈴木ちとせさん(仮名・28)との関係に歯がゆさを感じ、ストレス発散のため、無料のマッチングアプリを利用。

そこで、旦那公認でセフレを探している人妻の濱口江梨子さん(仮名・38)に出会い、衝撃を受けた。

<【前編】30歳男性が絶句…婚活中に出会った8歳年上女性の「ヤバすぎる正体」>に引き続き、後編となる本稿では、にわかには信じがたい江梨子さん宅の変わった夫婦関係やセフレ探しをするに至った理由を紹介。翔太さんとの逢瀬の様子もお伝えする。

性欲が強すぎて「セックスの外注先」を探すように

翔太さんが聞いた話によると、江梨子さんはもともと結婚願望がなかったものの、親から「いい加減、結婚しろ」と口うるさく言われ、結婚相談所に登録させられたそう。

そこで、出会ったのが、現在の旦那さん。実は旦那さんも結婚願望がなく、親に言われて渋々結婚相談所に登録していた。似た境遇の2人は、意気投合。互いの利害が一致すると考え、子どもは作らないと決め、契約結婚をした。

[PHOTO]iStock
 

縛りのない表面上だけの結婚生活に江梨子さんは初め、満足していたが、自分ではコントロールができない性欲面での不満を感じ、「婚外恋愛をしたい」「セフレを作りたい」と旦那さんに申し出た。

「夫婦間でも一応、セックスはあったみたいです。でも、江梨子さんは旦那さんが相手できないくらい性欲が強すぎたそうで、婚外恋愛やセフレの話をしたら『これでやっと解放される』と言われたらしいです。」

以後、江梨子さんたちは「お互いわざわざ言わなければ、外で何をしてもOK」というルールを守りながら暮らすように。江梨子さんにとって旦那さんは家事をし合い、共働きして生活を築いていく相棒のような存在であるため、無料のマッチングアプリを利用し、長く関係を続けられるセフレやテクニックがある男性を時々、探しているのだという。

その話を聞いた翔太さんは「こんな世界があるのか…」と驚愕すると同時に、江梨子さんに興味をそそられてしまった。「私は性欲から生まれた女」と口にする年上女性のプレイはいかほどのものなのか…と、彼女がいるのにもかかわらず邪な考えが頭に浮かんだ。

「正直、人妻という肩書きにも興奮しました。寝取る趣味なんてないけれど、他人の奥さんと合法的にヤレるなんて滅多にないよなと思って。」

そんな気持ちを見透かしたかのように、江梨子さんは「よかったら、一度会わない?」と甘い誘惑。翔太さんは彼女に対して罪悪感を覚えたものの、ホテルへ行く約束をしてしまった。

SPONSORED