私たちのふだんの行動軸をベースに、未来を変えるアクションを集めました。毎日の暮らしの中でできることから新たな世界での体験まで、できそうなこと、やりたいことから探してみましょう。今回は、「選ぶ」アクションの一例をご紹介します。

フェアトレード認証製品を買う

買い物は投票だ。私たちが購入するもので社会を変えることができるなら、日々何を買うか、選ぶことから始めてみるのはどうだろう。その基準の一つにフェアトレード認証ラベルがある。フェアトレードとは直訳すると「公平・公正な貿易」のこと。原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い生産者や労働者の生活改善と自立を目指すための貿易だ。フェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長の潮崎真惟子さんは、その仕組みについてこう語る。

-AD-

「途上国で生産された日用品や食料品が驚くほど安い価格で販売されていることがあります。その背景には、企業が正当な対価を生産者に支払わなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬を使用し環境を破壊したりと、見過ごされている問題が多くあります。フェアトレードが目指すのは、生産者がおいしく品質の良いものを作り続けていくために労働環境や生活水準が保障され、また自然環境に配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことです」

1〈English Tea Shop〉TEA 

世界55ヵ国に展開する紅茶ブランド。スリランカ本社では茶葉の手摘みから出荷まで自社製造。商品すべてが100%オーガニック。左からグリーンティー&ポメグラネート¥864、イングリッシュブレックファースト(茶葉)¥1836/ともにSEAコーポレーション☎03-6416-5686

2〈小川珈琲〉COFFEE 

「ASUE Fairtrade Coffee」シリーズは、エチオピア産オーガニック珈琲を使用。有機JAS認証、国際フェアトレード認証のコーヒー豆を使用し、商品の売り上げの一部がOne of Loveプロジェクトに寄付される。左からRelax、Active各¥537/ともに小川珈琲 www.oc-shop.co.jp

3〈LEMONAID〉SPARKLING DRINK 

オーガニックフルーツで作ったドイツの微炭酸飲料「LEMONAID(レモンエイド)」。1本あたり約7円が社会活動に寄付される。左からパッションフルーツエイド、ブラッドオレンジエイド(ともに国際フェアトレード認証)、ライムエイド各¥430/すべてアリサン☎0429-82-4812

4〈S&B ORGANIC SPICE〉SPICE 

安全・安心・環境に配慮した有機JAS認定スパイス。トレースを徹底し、原料の原産地も表示。左からブラックペッパー¥518、ホワイトペッパー¥694、コショー¥488、シナモンスティック¥475、クローブ¥687、ホワイトペッパー¥612/すべてエスビー食品☎0120-120-671

5〈TONY’S CHOCOLONELY〉CHOCOLATE 

2005年、オランダ人ジャーナリストが設立。カカオ生産者が一般水準の生活ができるよう、フェアトレード価格に上乗せした価格で購入し、カカオ農場の強制労働撲滅を目指す。チョコレートバー(180g)各¥810(47g・50g)各¥345/すべて国分グループ本社☎0120-417-592

6〈Galler〉CHOCOLATE 

1976年創業、ベルギー王室御用達のチョコレートブランド。カカオは100%フェアトレードで、生産者の極度な貧困からの脱却をサポートする。ナノバーシリーズ、左からポップコーン&クッキー、アーモンド&キャラメル(10個入り)各¥594/ガレージャパン☎0120-804-020

7〈NATURE’S PATH〉GRANOLA 

すべての製品がオーガニック認証、遺伝子組み換え作物不使用の認証を得た、アメリカ生まれのブランド。グラノーラに含まれるチョコレートが国際フェアトレード認証。ラブクランチグラノーラ ダークチョコレート&マカロン(325g)¥1058/CHOOSEE☎03-5465-2121

8〈MOUNT HAGEN〉COFFEE 

極上の高地有機栽培アラビカ種のみを使用したドイツのコーヒーブランド。現地の人との持続可能で公正なパートナーシップに基づいてコーヒー豆を調達。契約農家の有機農業への変更もサポート。オーガニックインスタントコーヒー(100g)¥1490/CHOOSEE☎03-5465-2121