2022.07.10
# 韓国

「日本のせいだ!」「岸田のせいだ!」…日韓首脳会談「不発」のウラで、韓国で「おかしな議論」が盛り上がっていた!

日韓首脳会談「失敗」で、韓国で騒がれていること

いま韓国では、6月29日から30日(現地時間)まで、スペインのマドリードで開かれたNATO(北大西洋条約機構)で「日韓首脳会談」が失敗に終わったと、物足りなさを吐露する記事があふれている。

左派の文在寅(ムン・ジェイン)政府によって閉ざされた日韓関係が、保守指向の尹錫悦(ユン・ソンニョル)政府によって、改善および進展するという期待感が増したが、結局、それとは反対の結果になってしまったという失望感が広がっている形だ。

NATO首脳会談 photo/gettyimages
 

文在寅政府によって冷え切った日韓関係を、すぐにでも和解に導くと言っていた新政権だが、首脳会議どころか略式会合まで失敗に終わったというニュースに、多くの韓国人は失望感を禁じ得ず、今後の日本の積極的な態度を望む声も高まっている。

6月28日、韓国の主なメディアは、日韓首脳会談失敗という分析記事を、いっせいに報道した。

韓国大統領室の関係者は、米韓首脳会談、日韓首脳会談、韓国と日本・オーストラリア・ニュージーランドなど、NATO首脳会議に招請されたアジア・太平洋地域4ヶ国首脳会談は、現在も確定されずにいて、開かれる確率が希薄だと説明した。

SPONSORED