南極海の巨大魚が西京漬けに! 正体を知らずに食べている「深海魚」図鑑

煮付けに刺身、寿司やしゃぶしゃぶも!

日々食べられている深海魚

「深海魚」という言葉を聞いて、多くの人がまず思い浮かべるのは、子どものころに図鑑で見た「チョウチンアンコウ」や「フクロウナギ」といった、ちょっと浮き世離れした奇妙な姿の魚たちかもしれない。

でもじつは、ふだんあまり意識していないだけで、私たちはさまざまな種類の深海魚を日々、食べている。スーパーの店頭でおなじみのあの魚から、今ではすっかり希少価値が高くなった南極海の巨大魚まで──。食用に流通する深海魚たちの素顔に迫ってみよう。

あの高級食用魚も深海魚だった

「深海魚」とよばれるのは、海の中でもおもに200メートル以深に生息する魚だ。その具体例を、まずはスーパーなどの店頭でおなじみの魚種から見ていこう。

鮮やかな赤い色をした高級食用魚のキンメダイ(Beryx splendens)。煮付けのほか、刺身や寿司、しゃぶしゃぶ、鍋物など、幅広い料理に使われる。れっきとした深海魚で、成魚はおもに水深200~800メートルの岩礁域に生息している。

【写真】キンメダイキンメダイ(写真上・全長41センチ)と干物(写真左下)、煮付け(写真右下)(いずれも山本智之撮影)

キンメダイの大きな目は、わずかな光しか届かない深海でも、光を集めやすい構造になっている。「金目」という名のとおり、キンメダイの目は光を当てると金色に輝く。

「金目」と「目光」の共通点

これは、目の網膜の奥に、光を跳ね返す「タペータム」という反射板があるためだ。タペータムによって入ってきた光が反射し、ふたたび網膜を刺激することで、暗い深海でも物がよく見えるしくみになっている。

ちなみに、光を反射するタペータムは、キンメダイの専売特許ではない。同じく深海魚で、「目光(メヒカリ)」という流通名でおなじみのアオメエソ類などの魚、そして、夜行性の哺乳類などももっている。

【写真】アオメエソ類「メヒカリ」という流通名でおなじみのアオメエソ類(全長15センチ前後)。目玉に光が当たると黄緑色に輝く(山本智之撮影)

煮ても焼いても美味

キンメダイと並ぶ“赤色の高級魚”に、キチジ(Sebastolobus macrochir)がいる。この標準和名よりも、「キンキ」という流通名のほうがよく知られているだろう。

脂の乗りが良く、煮付けても塩焼きにしても非常に美味な深海魚だ。生息深度は季節によっても変わるが、たとえば北海道のオホーツク海沿岸の延縄(はえなわ)漁では、おもに水深400メートル以深で漁獲されている。

【写真】キチジ鮮やかな赤色が目を引くキチジ(全長28センチ)(山本智之撮影)

キンメダイもキチジも、赤い体色はよく目立って敵に狙われやすそうだが、深海ではその心配は無用だ。

太陽光にはさまざまな波長の光が含まれているが、このうち、赤い光は波長が長く、水に吸収されやすい性質がある。このため、海の深い場所では、赤い物体は黒っぽくなる。たとえ派手な赤色の魚であっても、周囲の暗闇にとけ込んでしまい、目立つことはないのだ。

関連記事