安倍元首相を狙撃した銃は「3Dプリンター製改造銃」の可能性…専門家の分析は

工業高校レベルの知識で作れてしまう

3m後ろから2発

7月8日午前11時半頃、自民党の安倍晋三元首相が、拳銃で銃撃される事件が発生。安倍元首相は奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説しているタイミングであった。

奈良市消防局などによると、安倍氏は流血して倒れ、救急搬送。意識不明の状態で、心肺停止とみられる。警察は現場で奈良市の山上徹也容疑者殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

Photo by GettyImages
 

取り押さえの瞬間を捉えた写真では、道路に黒色の銃が転がっている様子が見られた。警察関係者の話では「自作の改造銃」とのことだ。

一般人が銃を作成することは可能なのだろうか。実は「3Dプリンタ」を用いれば容易に作成できるという。「3Dデータを活用する会」(3D-GAN)の理事長を務める相馬達也氏が解説する。

関連記事