2022.07.08
# 安倍晋三

「安倍元首相への狙撃は防げた」民間SP会社代表から見た銃撃事件

現場の危機意識の希薄さ

背後をまったく警戒していない

7月8日11時半頃、奈良市内の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説中だった自民党の安倍晋三元首相が銃撃される事件が起こった。警察は現場で奈良市の山上徹也容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕している。

photo by gettyimages

銃撃後、山上容疑者は特に抵抗することなく、駆け寄ったSPに取り押さえられたという。

この日、安倍元首相を警護するSPは現場に20~30人いたとされる。が、今回のような事態が起こったことについて、Twitterなどネット上では「なぜ銃撃から守ることができなかったのか」といった意見が多数投稿されている。

 

「今回の安倍元首相への狙撃は防げたものだったと思います」

こう話すのは民間のSP会社「IMSP」の代表・牧村博一氏だ。

「映像を見る限り、周囲のSPの皆さんは前方ばかりを見ていて、安倍元首相の背後をまったく警戒していないように見えます。今回の事件は背後からの銃撃でした。前方だけでなく、背後も含めた周囲への警戒をもっとしておくべきだった」

実際、「安倍氏の背後を通り抜けする人もいた」という現場に居合わせた人の証言も報道されている。

SPONSORED