安倍晋三元総理、急逝…その67年の生涯と政治家人生を振り返る

戦後最長の総理は何を遺したのか

延べ9年にわたって2度内閣総理大臣を務めた、安倍晋三元総理が参院選投開票の2日前、7月8日午後に亡くなった。遊説中、奈良県奈良市の大和西大寺駅頭で、40代の男に銃のようなもので2発狙撃された。

周囲にはSPがいたが、銃弾は首などに命中。安倍元総理は応急手当てを受けたのち、ドクターヘリで緊急搬送されたものの、懸命の救命措置もむなしく息を引き取った。父の安倍晋太郎氏が亡くなったのと同い年の67歳だった。

安倍氏の冥福を祈るとともに、その政治家人生を振り返りたい。

 

政界きっての「サラブレッド」に生まれて

安倍元総理は1954年9月21日、安倍晋太郎氏と妻・洋子氏とのあいだに生まれた。安倍家は政治家の一族だ。

祖父の寛氏は山口県選出の衆議院議員で、父の晋太郎氏は福田赳夫内閣の官房長官、中曽根康弘内閣の外務大臣などを歴任した大物。また母の洋子氏は、第56・57代総理大臣を務めた岸信介氏の娘で、第61〜63代総理大臣を務めた佐藤栄作氏のめいにあたる。いわば政界のサラブレッドだった。

Photo by gettyimages

子ども時代の安倍氏は、渋谷区南平台の岸家の邸宅で過ごすことが多かった。幼少時は岸信介政権下で安保闘争の真っ最中。幼い安倍総理は「アンポ、ハンタイ!」とデモ隊のシュプレヒコールをまね、周囲の大人を笑わせていたという。

安倍氏は成蹊小・中・高校をへて成蹊大学法学部政治学科を卒業。高校時代には、当時東京大学に在学していた、元復興大臣の平沢勝栄氏が家庭教師を務めていた。

大学卒業後の1979年、安倍氏は神戸製鋼所に入社しサラリーマンとして働き始めた。サラリーマン時代は兵庫県加古川市の工場や東京・八重洲の本社などに勤務し、溶鉱炉の稼働する現場にも赴き、汗を流す日々を送った。

関連記事