夫婦の第1子出生までの結婚期間(出生届における「同居をはじめたとき」から「生まれたとき」までの期間)の最新調査を見ると6ヵ月が最も多い。依然として女性の育児負担が多い日本で子供を産むことに二の足を踏む人は多く、「授かったから結婚する」人が多いことがわかる。

キャリア10年以上、3000件以上の調査実績がある私立探偵・山村佳子さんは「子供が欲しいという男性も増えています。出産ありきで結婚するので、夫婦間に不調和が生まれ、どちらかが浮気をするケースも多いです」と語る。彼女は離婚調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の代表だ。今回相談に来たのは、「子供が欲しくて結婚した」という43歳の男性。この連載は、調査だけでなく、調査後の依頼者のケアまで行う山村氏が見た、現代家族の肖像でもある。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
厚生労働省『「出生に関する統計」の概況(人口動態統計特殊報告)』(2021年)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/syussyo07/dl/gaikyou.pdf
山村佳子さん連載「探偵が見た家族の肖像」これまでの記事はこちら
-AD-

巨万の富を築いたモテ男

今回の依頼者は義幸さん(仮名・43歳)です。日本で最も偏差値が高い大学を卒業し、アメリカの有名な大学に留学。その間に金融工学を学び、現在は巨万の富を築いているそうです。
気配を消すような服装をしていることもあり、まさかそんなにすごい人だとは思いませんでした。とはいえ、よく見ると黒ブチのメガネには、リッチな人が選ぶブランドのロゴが光り、Tシャツにはさりげなくブランドロゴがついています。

私のところに相談にきたのは、結婚半年になる妻(27歳)の素行調査についてです。その年齢差16歳、写真を見せていただくとタレントと思うほどまばゆい美女。ツヤツヤのロングヘアにうるんだような瞳をしています。IT関連企業の代表と芸能人との結婚や恋愛はニュースになっていますが、ケタ外れのお金持ちは美女と結婚するのだな……と感心してしまいました。

女優さんのような女性の写真が… Photo by iStock

そんな私の表情の変化を読み取ったのか、「妻はそこらのチンピラとは違います。妻は○○大学(難関私立大)を一般入試で現役合格しているんです。しかもそこだけではなく、あの大学もこの大学も合格したんですよ」と言いました。