2022.07.30

ガソリン価格「爆上がり」のウラで、少し安く給油する「とっておきの裏ワザ」

なぜ、こんなにも高騰しているのか…?

2021年初頭には140円弱ほどだったガソリン価格はその後値上がりの一途をたどり、2021年末には170円代まで上昇。2022年に入っても依然として上昇傾向が続いています。

ガソリン価格はどこまで値上がりし、いつになったら元に戻るのでしょうか。最近のガソリン価格高騰の原因や今後の見通しについて解説します。

Photo by iStock
 

ガソリン価格はどう決まるのか?

ガソリンの価格は原油生産量や為替動向、政治背景や需要と供給のバランスなど、さまざまな要素が絡み合って決まります。ガソリンスタンドで販売される小売価格は「原油価格+精製費+輸送費+企業利益+税金」の合計です。その中でも原油価格と税金は大きな割合を占めています。

ガソリンには、ガソリン税と石油税の2つの税金がかかっています。また、ガソリン税は揮発油税と地方揮発油税を合算したものです。1Lあたりのガソリン税28.7円。そこに暫定税率25.1円が加えられ、さらに石油税2.8円がプラスされます。そして、そのそれぞれに消費税10%がかかります。

ガソリン価格に最も大きな影響を与えるのが原油価格です。ガソリンの原料である原油価格は先物取引価格と為替レートによって決まり、これらは世界的な需要と供給のバランスと各国の政策が影響します。また、地方の山間部や島は輸送費が高くつくため価格が上がる傾向にあります。

SPONSORED