主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、58.7万人(2022年7月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いの実話を元にした作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

赤ちゃんが病室にいなかったワケ

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いたエッセイ漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。

誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻・雪穂と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。

-AD-

一家の大黒柱となるべく仕事に精をだす和樹ですが、一方で子育てに対しては意欲的になれないまま、検診に一緒に行くこともなければ、両親学級も不参加。立ち会い出産もしない」と決め、里帰り出産する雪穂を一人で送り出します。

仕事での頑張りが認められた和樹は、プロジェクトのリーダーに抜擢されたことで、当初取得予定だった育休も諦めざるを得ない状況に。そして時は流れ、雪穂から陣痛が来たかもしれないと連絡が…。温田さんからの後押しもあり、和樹は早退。

『僕と帰ってこない妻』#41(後編)より。漫画/ちなきち

新幹線で向かう途中に、雪穂から「産まれた」と連絡が! 焦る和樹が病院に駆け込むと、そこには雪穂の姿だけがあり、赤ちゃんはいませんでした。いったいなぜ…。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち