安倍晋三死すとも中国包囲網は死せず―習近平中国、泥沼の外交的閉塞

最初は安倍無視だがのち完全に立場逆転

習近平の眼中に日本はなかった

先日、参議院選挙戦の中で凶弾に斃れた安倍晋三元首相が、首相として再登板したのが2012年12月のことである。その1ヵ月前の11月、隣の中国では習近平氏は共産党総書記に選出されていた。翌年の3月に習氏は国家主席にも就任して、習近平政権が本格的なスタートを切った。

そしてその時から2020年9月に安倍首相が退陣するまでの7年間半、安倍元首相と習主席はそれぞれ、日中両国の指導者としてさまざまな場面で向き合ったりぶつかったりしていた。日本の長い歴史においては中国の最高指導者とそれほどの長い付き合いしたのは安倍元首相以外にない。

ならばここで一度総括して見たい。日中関係における安倍外交はどういうものだったのか。あるいは、相手の習主席と中国にとっては安倍外交は一体どういうもので、「長年の付き合い」の安倍元首相とはどういう存在だったのか。

 

実は、習近平政権成立後の最初の数年間、当時の安倍首相は習主席にとって、あるいは中国にとって、まったくもって無視すべき存在であって、あるいは上から見下ろすべき存在であった。

2013年3月に国家主席に就任してからの数年間、習氏は「主席外交」を積極的に推進し、欧米諸国はもとよりアジアの主要国をほぼいっぺん通りに訪問した。しかしその間、彼が主席として日本を訪問したことは一度もないし、安倍首相を中国訪問に招いたこともない。つまりその時の習主席は文字通り、「日本無視」の外交を展開していた。

2014年の日中首脳会談、笑顔もなく国旗もなかった  by Gettyimages

関連記事