2022.08.06

「コンビニおつまみ」を絶品シビ辛な酒のお供にアレンジする方法を四川料理の人気シェフに聞いてみた

蒸し暑い季節は、冷たいビールやサワーで涼を取りたいもの。そんなお酒の供に辛くてシビれる四川風のおつまみはいかがだろうか。今回は、コンビニに売っているおつまみにちょっとしたひと手間を加えて、強烈な「シビ辛」四川風料理アレンジしてみた。レシピを提供してくれたのは、人気の四川料理レストランの料理長・人長良次氏だ。

ひと口食べると、辛さとシビレで間違いなくテンションがあがってくる。湿度が高くて蒸し暑い夜でも、辛いものを食べれば爽やかな汗が吹き出すはず。この夏、ぜひ試してみて欲しい。

人長 良次 ひとおさよしつぐ
1983年生まれ、神奈川県出身。幼い頃から料理人になることを夢見て私立駒場学園に入学。在学中に中国料理講師、橋本暁一氏に出会い、氏の料理に魅了され、卒業後に白金台にある都ホテル東京(現・シェラトン都ホテル東京)「四川」にて料理人人生をスタートさせる。 9年間の修行を終え、虎ノ門「頤和園」にて副料理長として勤務後、現在は東京・日本橋の四川料理レストラン「リバヨンアタック」の料理長。本場四川には毎年足を運び、自身が美味しいと思う味を日々追求している。また、株式会社バルニバービグループでは中華料理を提供する店舗の立ち上げにも携わるなど、中華料理部門を支える存在としても活躍中。得意料理は麻婆豆腐。
https://ribayonattack.com/about/

コンビニのくんさきと牛ホルモンを中国の屋台風に

今回作るのは、コンビニで売っているおつまみを麻辣風にアレンジしたものです。昔、四川省に視察旅行に行った時に、ピリッとしたイカの料理が向こうの居酒屋さんにあったんです。そのときはくんさきに辛い香辛料を和えて、提供していたんですね。

くんさき自体はわりと甘いんですけど、こういうのは中途半端が一番良くないので、バチッと辛さとシビレを強調した「麻辣くんさき」に仕上げてみました。これは確実にビールに合うと思います。ビールかレモンサワーかハイボール、冷たい炭酸系で楽しんでください。

噛んでみると、最初は「あれ? そんなに辛くないかも」と思うかもしれません。でも、その後にジワジワとシビレが来て、「辛くなった!」ってところでビールで一気に流し込む! この食べ方、飲み方が一番だと思います。

もうひとつの牛ホルモン焼きは、同じ調味料を使ってアレンジしたものです。コンビニの牛ホルモン焼きって、僕も個人的に好きでよく食べているんです。以前から、もっと辛くしたら絶対においしいはずと思っていたんですよ。

 

今回は、本場をイメージして作ってみましたので、ぜひ作ってみてくださいね。辛く感じる場合は、一味唐辛子とブラックペッパーの量を減らして調整してください。

SPONSORED