「体がだるい」「疲れが抜けない」「食欲がない」など、夏バテの症状は出ていませんか? 食事が偏ってしまいがちな夏場こそ、毎日の食事に気を配ることが大切。そこで、夏バテ予防・解消におすすめのメニューを紹介します。

夏バテ予防におすすめの食べ物はさまざまありますが、今回は「発酵食品」を使った簡単で身体にやさしい「発酵食レシピ」をお届けします。レシピは、味噌、醤油、日本酒、納豆、漬け物などの発酵食を通じて、食を学び直し、楽しむことを目的とした大人の大学「発酵食大学」の協力のもと、ご紹介します。

前回の記事【おうちで夏祭り! 夏バテ解消にもなる、塩麹で「きゅうりの一本漬け」】はこちら>

“飲む点滴”の「甘酒」は夏に最適!

日本の夏は温度・湿度ともに高く、大量の汗をかき、体から多くの水分が失われます。水分を補うため冷たい飲み物ばかりを飲みがちになりますが、胃腸が冷えて機能が低下し、消化不良を起こすことが多くなります。胃の機能が低下する夏には消化がよく、吸収されやすいものを摂取することが大切です。

-AD-

食欲が落ちる夏は特に「飲む点滴」と言われる甘酒がおすすめ。酵素の働きによりお米のデンプンがブドウ糖に分解されるため、お砂糖を使っていないのに甘くなります。私たちにとって糖質はとても重要なエネルギー源で、特にブドウ糖は素早く体内に吸収されるため、運動前のエネルギー補給や夏バテ防止におすすめのドリンクです。

今回は、甘酒で作るまろやかな甘さの「ナスの南蛮漬け」の作り方をご紹介! ナスは揚げていないので簡単に作れてヘルシー。ネギをたっぷりかけていただきます。

発酵食大学Instagramより