エリートなのに報われず悲惨…SPになるための「狭き門」

鋭い眼光に引き締まった体躯。スマートでカッコいいイメージが強いためか、SPは映画やドラマにもよく登場する。だが現実は違う。警護に失敗すれば一生のたうち苦しむ宿命の、過酷な仕事なのだ。

厳しい処分は必至…

聴衆の視線を一身に集める「主役」に万が一の事態が起こらぬよう、絶えず周囲を注視する。もしもの時には代わりに撃たれてでも「主役」を守らなければならない―。

7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件の結果、SP(セキュリティ・ポリス)をはじめとする警護態勢の不備が批判を集めている。

SPとは警視庁警備部警護課に所属し、要人警護を専門とする警察官のこと。プロ中のプロともいうべきSPが安倍元首相の警護にあたっておきながら、最悪の結果を招いてしまった。

Photo by iStock
 

元CIA要員で、要人や同僚の警護を専門にしていたデイナ・ベア氏の指摘は手厳しい。

「アメリカのSPの場合、『暗殺は常に起きる』という前提で警護をしています。しかしながら事件映像を見たところ、現場からはそうした緊張感がまったく伝わってきませんでした。これは私の推測ですが、まさか銃撃事件が起こるなんて、100%ないと思っていたのではないでしょうか。

安倍元首相に近づいてきた不審者がカバンから何かを取り出そうとしたら、私ならまず躊躇せず脚を狙って撃ちます。要人の警護に際しては、それぐらいの対応と覚悟が必要なのです」

岸田文雄首相は7月14日の会見で警察の警備態勢に問題があったと発言。今後、国家公安委員会や警察庁による調査が進めば、ミスを犯したSPたちには厳しい処分が下されることになる。

いかなる理由があるにせよ、警護の対象が総理大臣経験者ともなれば、失敗は絶対に許されないはずだった。

関連記事