暑い日が続き、夏バテしてくると「体がだるい」「疲れが抜けない」「食欲がない」など、さまざまな体の不調が出てきますよね。そんな夏バテ気味の方におすすめのメニューをご紹介します。

夏バテ解消に効果のある食材は多数ありますが、今回は「発酵食品」を使った、身体にやさしい「発酵食レシピ」を紹介します。レシピは、味噌、醤油、日本酒、納豆、漬け物などの発酵食を通じて、食を学び直し、楽しむことを目的とした大人の大学「発酵食大学」の協力のもと、毎日の献立の参考にもなる簡単レシピをお届けします。

【夏バテ対策になる発酵食レシピ】
#1 【おうちで夏祭り! 夏バテ解消にもなる、塩麹で「きゅうりの一本漬け」
#2 【揚げずに簡単! 甘酒で作る「ナスの南蛮漬け」作り置きにもおすすめ
#3 【サバ缶を使えば、だし不要! 旨みたっぷり「キムチと豆腐のチゲスープ」
#4 【コリっとした食感がいい! エリンギを使った味噌ベースの「麻婆豆腐」
#5 【市販のルーを使わず簡単!旨みたっぷり、体にやさしい「キーマカレー」

夏は消化がよく、吸収されやすいものを

温度、湿度ともに高い日本の夏。汗を大量にかくと体から多くの水分が失われますが、その水分を補うために冷たい飲み物をたくさん飲みがちですよね。そうすると、胃腸が冷えて機能が低下し、消化不良を起こすことが多くなります。そこで、胃の機能が低下する夏には消化がよく、吸収されやすいものを摂取することが大切です。

-AD-

発酵食品に含まれる酵素の働きで、食材のデンプンがブドウ糖に、タンパク質がアミノ酸に分解されるため、消化しやすくなり、栄養素を素早く吸収できるようになります。そのため、胃腸への負担が少なくなるのです。夏こそ、積極的に活用してほしい食品です。

今回ご紹介するのは、大根をヘルシーなお餅風にアレンジしたレシピ。豆腐が入ったふわふわ&とろとろ食感の大根餅です。味のアクセントは塩麹。混ぜて焼くだけの簡単メニューです。

発酵食大学Instagramより