韓国がここへきて「史上最大の幅」で金利を引き上げ…そのウラにある韓国経済の「現実」

史上初めての決定

7月13日、韓国経済の歴史で初めての決定がなされた。韓国銀行の基準金利が通常の0.25%の2倍である0.5%引き上げられる、いわゆるビックステップが行われたのである。

もっとも、「歴史上」といっても、韓国銀行が基準金利(過去はコール金利誘導目標)を公表し始めたのが、1999年5月であるので、四半世紀足らずの期間で初めての出来事である。

韓国銀行の基準金利リーマンショック後の不況期にはいきなり1%下げられたことはあったが、引き上げはこれまで必ず0.25%ずつであったので、韓国銀行もついに本腰をあげてインフレ抑制に大きく舵を切ったといえそうである。

〔PHOTO〕iStock
 

0.5%引き上げた結果、韓国銀行の基準金利は2.25%となった。ただし、2014年10月以前は2.25%であったわけであり、5%を超えていた時期もあったわけで(2000年2月~2001年6月、2007年8月~2008年9月)、現在がこれまでになかった高金利というわけではない。

とはいっても、2021年8月から1年足らずで基準金利が1.75%引き上げられたうえ、今回は歴史上初めて1回に0.5%の引き上げがなされた事実は大きい。

関連記事