日本電産「過去最高益」のウラで「カリスマ・永守会長」の周りに起き始めた、深刻な異変

「企業文化が壊れた」から?

「自分が命を懸けて造った会社の業績と株価が下がっていることに、見て見ぬふりができなかった。そして業績や株価の回復よりも、それ以上に重要なのが企業文化の立て直しだ」

日本電産の創業者である永守重信会長兼CEOは7月20日、2022年4~6月期決算発表の冒頭にこう切り出した。

永守氏は昨年6月、関潤社長(元日産自動車副COO)にCEOの座を譲ったものの、1年も経たない今年4月21日付でCEOに復活し、関氏をCOOに降格した。今回、その理由を改めて投資家やメディアに説明したのであった。

永守氏が言う日本電産の企業文化の一つに、「すぐやる 必ずやる できるまでやる」というものがある。こうした企業文化が関氏を日産から社長に迎えた2020年以降に崩れて、計画通りに収益が出せなくなったというのが永守氏の言い分だ。

元日産の関潤氏(Photo by gettyimages)
 

しかし、永守氏が言うことを真に受けていいものか。筆者が取材した経営中枢に近い日本電産の複数の幹部は、関氏が日本電産の伝統を崩したのではなく、むしろ永守氏の経営判断ミスと他責によって、同社は危機に直面し始めたと受け止めている。

関連記事