2022.07.27
# 節約

知らないと損!「役所からもらえるすごい大金」15のウラ技【一覧】

前編記事「みんな知らない!『役所からおカネを取り返す』15の方法【一覧】」では様々な種類の補助金についてみてきた。本記事では、前編記事だけでは語り尽くすことのできなかった補助金の秘密や活用法などについて、引き続き紹介していく。

タダで家がもらえる!?

都会の生活に疲れ、住環境を変えたい人は、地方都市が実施する移住支援金の制度を利用し、引っ越してみるのもいいだろう。山口県は、首都圏からの移住者に、なんと最大で100万円を支給している。ほかにも、移住すればタダで家がもらえる地域もある。

photo by iStock

ここ2年ほどで、団体で旅行する際に乗るバスの貸し切り費用にまで、補助金を出す自治体が出てきた。コロナ禍による旅行者減に対する施策で、一台あたり最大で15万円が支給される。「予算がなくなり次第終了」や「学生限定」など条件があるところが多いが、全世代が利用できることもあるので、機会があれば利用するのもいい。

自分が住んでいる自治体がどのような制度を用意しているかわからないという人も、心配する必要はない。

 

役所の『まちづくりセンター』などの窓口に電話で問い合わせれば、たいていの疑問に答えてくれます。自分で調べたい人は、スマホやタブレットに無料でダウンロードできる『マチイロ』というアプリを利用してみてください。年齢に合った制度を自治体別に紹介してくれる上に、市や県の広報誌をすべて閲覧できます。スマホ等に馴染みがない方でも、周りの人に手伝ってもらいながら数回使えば慣れるはずです」(ファイナンシャルプランナーの井戸美枝氏)

SPONSORED