「30代に結婚願望がない人が、40代近くになり“子供のために”と結婚する人は多いです。ただ、40代になるとお互いに生きてきた“重み”のようなものがある。結婚前に調べておけばと後悔する人もいます」と語るのは、浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さん。

2022年6月、政府は『2022年版男女共同参画白書(*)を発表した。これは、内閣府が実施した結婚や収入に関する調査だ。これによると30代の婚姻歴がない独身男女は、4人に1人が「結婚願望なし」と回答。その理由としては「自由でいたい」、家事育児の負担、経済的不安などがあった。

山村佳子さんのもとに相談に来た美枝さん(39歳・仮名)は結婚半年。母親は明治維新の功労者の末裔、父方は戦前の新興財閥の創業者を先祖に持つ資産家令嬢だ。日本と海外の名門大学を卒業後、政府系のシンクタンクに勤務。結婚願望が全くなかったが、母親からの忠告を受け止めて結婚を意識した。前編では、結婚を考えた時に幼なじみの医師(39歳)と再会し、とんとん拍子で結婚したこと、どんどん好きになってお腹に赤ちゃんも授かったこと、しかしそれなのに夫は家に帰ってこなくなったことをお伝えした。後編では調査によって明るみになった驚愕の事実と、それを知った美枝さんの言動をお伝えする。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
*内閣府「男女共同参画白書」(2022年)
https://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2022.asp?fname=T06-23.htm
-AD-

なにか悩みを抱えていそうな夫

調査の依頼はお受けしたものの、美枝さんは全く夫の動向を知りません。美枝さんのようなハイキャリアの女性は、自分の仕事やスケジュール管理に全ての意識を集中しており、パートナーの動向まで意識が及ばない傾向があります。
そこで、最もコストパフォーマンスが悪い調査手段・ベタ付きで夫を尾行することにしました。困ったことに、美枝さんは夫の結婚式の写真しか持っていない。しかも夫も美枝さんも一切のSNSをやっていないのです。

きょうびの調査はSNSから尻尾がつかめることが多いのですが、その線もないことがわかりました。そこで「費用がかさむかもしれませんよ」と伝えると、「いくらかかってもいいです」とのお返事が。

まずは、不動産業界で最上級エリアにある住宅地の美枝さんの自宅前で待機。
このマンションは、美枝さんの両親が結婚祝いにと娘に譲渡ったハイクラスな物件です。これに夫の実家は「主導権を奪われてはならん」とリフォーム費用を全額負担したんだそう。
早速、張り込みを始めましたが、初日は空振りでした。そして、1日目の朝9時に夫が帰宅してくる姿を発見。筋肉質でワイルドな雰囲気で、動物に例えるならチーターでしょうか。

その後、出てくるところを待って、尾行を開始。夫は超高級車を所有していますが、ほとんど乗らずに徒歩か高級自転車で移動することが多いと聞いていたので、今回の調査は、元競輪選手の探偵を手配。しかし、歩きで出勤していきました。
駅まで歩いたら、横浜方面のホームに佇んでいます。病院は都心にあるので、「おかしいな」と思いながらも夫の様子を観察。夫は電車を3本も見送っていたので、何か悩みを抱えているのではと直感。