50歳からの"イケてるボディ"作り! 中高年「筋トレ」初心者が、ジムに行く前にやるべきこと

科学的な筋トレのススメ

最近、血圧が高くなってきた」「運動しても昔みたいに痩せない」——体調や体型に悩みを抱える中高年は実に多い。かつてのような健康で若々しい体を手に入れるにはどうすれば良いのだろうか。

そんな疑問に答えてくれる1冊が『50歳からの科学的「筋肉トレーニング」』だ。中高年の体の中で起こっている変化などを解説し、科学的な根拠に基づいたトレーニング方法を一挙紹介している。本稿では、そんな"中高年必携"の1冊の中から、「今日から筋トレを始めたい」と思った初心者が注意すべきポイントをチェック。安心・安全・健康的に始められるトレーニングのコツを抜粋紹介する。

(※本稿はフィンク・ジュリウス『50歳からの科学的「筋肉トレーニング」』を一部再編集の上、紹介しています)

筋トレは誰でも簡単に始められる最適なスポーツ

意外に思うかもしれませんが、実は筋肉トレーニング(筋トレ)は、他のスポーツに比べて、誰にでも最も始めやすいスポーツです。

野球を例に取ってみましょう。ボールを投げる、バットで打つ、捕って送球する。どれも相当な練習が必要です。サッカーも、スケートボードも同じです。子供の時からやっていなければ、中高年になって突然始めても、なかなか楽しむレベルには達しないと思います。

これに対してウエイト・トレーニング(筋トレ)は、基本的に誰でもすぐできるようにデザインされています。素早い動作は要求されず、基本的な動作をゆっくりと繰り返します。重さ(負荷)も自由に調節できるので、初心者からベテランまで自分に最適な負荷を選択することができます。また、時間ができた時に、1人でもすることができます。

ですから、これまでほとんど運動に無関心だった人が、中高年になって健康のために始めるには、筋トレは最適なスポーツです。

【写真】筋トレは、中高年になって健康のために始めるには最適なスポーツ筋トレは、中高年になった人が健康のために始めるのに最適なスポーツ photo by gettyimages

初心者はまず心血管、肺機能、代謝機能などに支障がないか、健康診断にて確認しておきましょう。

この本の読者の多くは、きっと「明日からでもハードにトレーニングを開始したい!」と思っていることでしょうが、特に中高年の場合は健康がいちばんですので、できれば医療機関で激しい運動が可能かどうか確認しておくことをお勧めします。コレステロール値(HDL、LDL)、血圧、血糖値など、現在の自分の体の状態を知っておきましょう。

また、既往病のある方、現在も薬を飲んでいる方は、ぜひ医療機関に確認しておきましょう。血中テストステロンのチェックも忘れずに!

関連記事