昆虫が好き! という少年時代からの純粋な興味を追究し続けた結果、生物学者になった“福岡ハカセ”こと福岡伸一さん。最先端の分子生物学研究を経て、生命全体のありようを探求する福岡さんは、現在、青山学院大学教授、ロックフェラー大学客員教授として研究を続ける傍ら、文学や美術への造詣も深く、『生物と無生物のあいだ』(講談社)、『新ドリトル先生物語 ドリトル先生ガラパゴスを救う』(朝日新聞出版)など文筆家としても数多くの著作を発表。ジャンルの垣根を超えて、今なお尽きることのない好奇心にあふれている大人だ。

今回、福岡さんに8月1日から募集開始となるFRaU主催『FRaU SDGs eduこどもプレゼン・コンテスト2022』の選考委員をつとめていただくにあたり、子ども時代の夏休みの思い出や、子どもの「好き」という気持ちを育むための親の心がまえ、SDGsへの取り組みに対する思いなどについて話を伺った。

\コンテスト詳細はバナーをClick!!/

小2の夏休みの自由研究は、アゲハチョウの観察日記

「私が子どもの頃は、まだ“オタク”という言葉はありませんでしたけれども、私はまごうことなく“ムシオタク”でした。どちらかと言うと、内向的な少年で、友達はあまりいなかったので、自分の身近にある自然、小さな虫や蝶々に興味を持ちました」

そんな福岡さんが小学校2年生のとき、夏休みの自由研究で取り組んだのは、「アゲハチョウの観察日記」だった。

Photo by iStock
-AD-

「図鑑を読んで、アゲハチョウがミカンやサンショウなど柑橘系の植物に卵を産むことを知った私は、まず野外に探しに行って、小さな卵を採集してきました。それを飼育していると、やがて卵から幼虫が出てきて、どんどん葉っぱを食べて脱皮を繰り返し、少しずつ大きくなっていくんです」

幼虫は食欲旺盛なので、毎日のように葉っぱを供給しないと間に合わない。しかも種によって、特定の葉っぱしか食べないのだ。近所のどの家の垣根に、どんな植物があるかを大体把握していた福岡さんは、こっそり葉を採ってきては、幼虫に食べさせていたのだが……。