2022.08.03

日本、じつは「先進国で断トツ最下位」に…! 日本人は知らない「ヤバすぎる日本経済」の真実

日本の潜在成長率は「30年間」も下がり続けていた!

日本経済が長期低迷から抜け出せないのはなぜでしょう。

その原因は、潜在成長率が過去30年にわたって低下し続けているからです。

潜在成長率というのは、経済的に持続可能な成長率のことを指しており、その国の長期的な経済の実力と言い換えることができます。

日本の潜在成長率はバブル末期の1990年に4%程度と高かったのですが、2000年代には1%を割り込み、2010年代には0.5%まで低下しました。

潜在成長率が右肩下がりの日本 Photo/gettyimages
 

日銀の最新の推計では0.2%まで落ち込んでおり、このままでは2020年代にマイナスになるのではないかと危惧されています。

潜在成長率が低下の一途を辿ってきた背景には、人口減少や少子高齢化によるマイナス面が大きいのに加えて、生産性が一向に伸びてこなかったという要因があります。

これは、政治の不作為によるものです。

SPONSORED