主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、59.1万人(2022年7月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いの実話を元にした作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

出産の大変さを理解していない夫

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いたエッセイ漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。

誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻・雪穂と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

-AD-

雪穂が「切迫流産」と診断されたことで、退職を余儀なくされ、それをきっかけに会社で評価を得ようと奮闘する和樹。プライベートでも関係を築くことで上司からの評判も上げていきます。一方で、子育てに対しては意欲的になれず、結局、検診に参加もせず、両親学級も参加しないまま、雪穂の里帰りの時を迎えます。

そして時は流れ、雪穂は無事に出産。出産には立ち会わなかった和樹ですが、雪穂の母親から「産後は心身共にボロボロになるから、和樹さんだけは味方でいて」とお願いされていました。

『僕と帰ってこない妻』#44(前編)より。漫画/ちなきち

しかし、和樹はその言葉をすっかり忘れ、結果的に雪穂は家を出て行ってしまったのでした。「味方になるどころか、むしろ苦しめていた」そのことにやっと和樹は気が付いたのです。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち