2022.08.06

ハワイは「ラーメン屋で1万円」「丸亀製麺50-60ドルがお得」って…!“日本人激減”ハワイでいま起きている「すごい現実」

岡村 聡 プロフィール

なお、日本からハワイに渡航する際、JALの子会社であるZIPエアがおすすめです。

ナショナルフラッグの数分の1の価格であることに加えて、まだ知名度が低いためか東京とホノルルの往復共に搭乗率が2割程度で、眠くなった子供を3席使って横にすることもできました。

ハワイが「ワーケーション天国」になっていた!

このように観光客としてはすっかり日本人の存在感は後退してしまっています。しかし、実は不動産オーナーとしてはまだまだ一定のウェイトを占めています。

今回の視察ではカカアコ地区にあるハワードヒューズ社が手掛けるプロジェクト「ワードビレッジ」を中心として高級コンドミニアムをいくつか視察しましたが、ワイキキの中心部よりもこちらのエリアのほうが日本人と遭遇する確率が高いのです。

不動産オーナーとしての日本人の存在感は健在だった!(筆者撮影)
 

このワードビレッジには、食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットができています。米国本土の店舗と比較しても規模が大きい上に、パイナップルやマンゴーといったフルーツやポキなどのローカルの食べ物も充実。

今回はキッチンがある部屋に滞在していたので、ホールフーズで数日に1度買いだしをして、部屋に戻って簡単な調理をするだけでも滞在がより充実したものとなりました。

SPONSORED