2022.08.04
# マンガ

60歳父の「生々しい不倫メール」を読んで、娘が抱いた「強烈な違和感」

相手は本当に、職場の若い女性…?
マネー現代 エンタメ班 プロフィール

実は2年前まで、貴史さんが仕事に行く日は智美さんがお弁当を作って持たせていた。しかし、ある日突然「弁当はもういらない」と言われて、智美さんは作るのをやめたという。思い返してみれば、仕事から帰ってきた貴史さんの服からほのかに香水の匂いが感じられるようになったのも、ちょうど同じころだった。

以上のような状況証拠から推測するならば、職場の同僚が不倫相手として浮かび上がってくる。しかし菜々さんは、その推理にどこか違和感を覚えていた。

「その当時、父の勤め先にいた女性は20~30代の若い人が数人だけでした。しかし父のスマホに送られてくるメールの文面を読むと、どうしても若い女性が翔子だとは思えなかったんです。なぜならば誤字脱字が異様に多くて、メールでも体調に関する話が頻繁に出てきたから。若い人が送るメールにしては不自然でした」

©灯まちこ
 

「せめて若い女との火遊びであってほしい」――頭では冷静に分析しながらも、母を思う娘として、どうしてもそう考えてしまう菜々さん。そして菜々さん以上に強く願っていたのは、妻である智美さんだった。

しかし母と娘の思いは、貴史さんによってアッサリと裏切られてしまう。なんと判明した翔子の正体は、智美さんも知っている「意外な女性」だった…。江藤家に起こった壮絶な不倫騒動については、【後編】『「せめて若い女との火遊びであってほしい…」妻の思いを裏切った、60歳夫の「ヤバすぎる不倫相手」』でさらに紹介していこう。

SPONSORED