深海生態系の99%以上は謎なんです!

深海生態系の謎に挑む vol.2

巨大ヨコヅナイワシの撮影成功! このニュースは、今年7月に大きな話題となりました。2000メートルより深い海に暮らす深海固有の硬骨魚類として「ヨコヅナイワシ」が世界最大であることが報じられた瞬間でもあります。

今回の大発見に至る経緯や研究の裏側、さらにそこから何がわかるのかを、JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)の藤原 義弘  上席研究員に聞きました。

研究背景やヨコヅナイワシの謎、そこから見えてきたものは「深海生態系」という大きな謎の存在とそれに挑み続ける研究者の姿でした。

巨大ヨコヅナイワシの撮影についての〈Vol.1  深海の頂点捕食者"ヨコヅナイワシ"撮影秘話!〉はこちら

JAMSTEC・藤原義弘さん

鯨骨生物群集の謎

――深海のトップ・プレデターを追う研究者として大活躍していますが、そもそも藤原先生が、研究対象として深海を選んだ理由はどこにあるのでしょうか?

大学時代に「海洋研究会」というサークルに入りました。伊豆や沖縄などのさまざまな場所で素潜りを行い、そこで海の魅力にどっぷりとはまりました。その後、1993年にJAMSTECに就職しました。当初は「熱水噴出孔生物群集(海底温泉の周りに集まる生物群集)」や「鯨骨生物群集」(げいこつせいぶつぐんしゅう)の研究にたずさわっていました。

鯨骨生物群集、相模湾沖(提供:藤原義弘/JAMSTEC)

――鯨骨生物群集? それはどのようなものですか?

クジラが死んで海底に沈むと、その肉や骨を利用にするためにさまざまな生物が集まってきます。それを鯨骨生物群集とよびます。

浜にクジラの死体が打ち上げられると、自治体から研究機関に連絡が入ることがあります。そうして譲り受けたクジラの遺骸を海底に沈めて人為的に鯨骨生物群集をつくり、どんな生物がやってくるかを観察することで、海の生態系を調べることができます。

たんにどのような生物が集まるのかということだけでなく、そこに集まる生物から、海洋生物の進化の謎に迫る発見もなされています。

沈んだクジラを最初に食べるのは誰だ?

鯨骨生物群集の研究では、相模湾や沖縄など、さまざまな場所にクジラの死体や骨を沈めました。すると沈めてまもなく、骨が持ち去られたり、大きな穴が開いたりすることが続いたんです。

関連記事