【女子大生の日】元祖リケジョの人生から考える「女性研究者の環境と生き方」

理系こそ女性!働き方変化も追い風に?

8月21日は、「女子大生の日」とされています。これは、1913年(大正2年)、東北帝国大学(現・東北大学)に3人の女子大学生が誕生したことによります。

3人は、いずれもいまの理学部の前身である理科大学に入学しました。初の女性研究者、今で言う「リケジョ」の誕生でもありました。今回は、3人の入学の経緯や人生を振り返りつつ、今日の「リケジョ」をめぐる環境と生き方を紹介するリケジョのバイブル『理系女性の人生設計ガイド』をご紹介します。

東北大学に3人の女子学生が合格

今を遡ること、およそ1世紀あまり前の1913年(大正2年)の8月21日、東北帝国大学に3人の女子大学生が誕生しました。当時の学制による最高学府としての大学において、日本で初めての女子大学生でした。

東北帝国大学は、1907年(明治40年)第三の帝国大学として、宮城県仙台市に創立され、東北帝大理科大学(後の理学部)は明治44(1911)年に開設されました。そして、初代総長であった澤柳政太郎(後に京都帝大総長、成城学園を創立)が打ち出した「門戸開放」という理念のもと、全国に先駆けて女子に大学の門戸を開きました。

【写真】東北帝国大学東北帝国大学

また、女子教育に功績のある、薬学者で化学者の長井長義(東京帝大教授)が、3人の出身校である東京女子高等師範学校や日本女子大学校(当時は専門学校令による専門学校)で教鞭をとっていたことから、優秀な女性に受験を勧めていたことも影響したと言われています。

大学は男子学生のためのもの、という認識だった当時、女性が大学に入学することはまったく考えられておらず、画期的なできごとでした。当時の文部省も、前例の無いことに驚き、説明を求める書簡を東北帝大に送ったそうですが、東北帝大は3人の女子学生を迎え入れました。

2014年(平成26年)、東北大学は、大学における男女共同参画の先駆けとして各分野で活躍した個人、団体に賞を設けました。初代総長の名にちなみ「澤柳政太郎記念東北大学男女共同参画賞(通称:澤柳記念賞)」と名付けられ、女子大生の日である8月21日前後に授賞式が行われています。

▶︎東北大学の特設サイト〈日本初・女子大生誕生の地〉はこちら。2022年8月21日には、新たな記事も公開開始!

*なお、女子大生の日は、長らく8月16日とされてきましたが、東北大学が、根拠となる日付に誤りであったとして、2020年(令和2年)に、官報で公表された日を正しい日付として、日本記念日協会に申請、8月21日を「女子大生の日」として記念日登録しました。

関連記事