20代半ばから30代のころ、契約スタッフとして雑誌「FRaU」のファッション班に在籍していた笹本絵里さん。結婚、出産ののち、夫の地方への転勤を機に離職した。子育てメインの生活になったある日、京都旅行で色鮮やかなアンティーク着物に出会う。「着物って、こんなにファッショナブルで楽しいんだ!」と一目ぼれをしたのが、着物に魅了されるきっかけとなった。着物への愛は約10年になる。2017年に東京に戻り、フリーライターとして仕事を再開してからは、ライター業にこだわらず、着物に関する分野で活動をしている。

現在は着物のwebマガジンや雑誌のライティング他、裂を使った小物制作、展示会の手伝いなど活動の場を広げているそうです。

浴衣の知識を身につけるための短期集中連載。第2回は「透けて、魅せて、涼をうむ」。

第1回目「柄から涼を生む」の記事はこちら
-AD-

透け感から涼をいただく

筆者は着付け講師でも研究家でもありません。長いキャリアを積み重ねた書き手の方が多い着物の世界では、足元にも及ばないひよっこライター。着物愛好家+αの身と自覚して、日々学びながらこの道を歩んでいます。同時に、20〜30代のころ撮影や取材などでファッションの現場で働き、自らも散々おしゃれ投資をしたからこそ感じる、着物の楽しさ、面白さを等身大で伝えたいと思います。
夏の風物詩、浴衣。普段は着物を着なくとも、夏は花火大会やお祭り、ビアガーデンなどで楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。浴衣には夏の暑さを少しでも和らげる、先人たちのアイデアが。五感を使ったその知恵に、電気だけに頼らない地球を守るヒントが潜んでいる気がしてなりません。和装のみならず、日本の文化には「使い切る」「直す」「受け継ぐ」など、SDGsを達成するためのヒントが溢れているのです。
浴衣を通して「涼を生む」5つのキーワードをお伝えする短期集中連載。第二回目は、「透けて魅せること」で生まれる涼感についてお届けします。

浴衣にはさまざまな種類がある

麻の葉模様の注染の綿コーマ浴衣は、以前「竺仙」さんで求めました(筆者私物)。

浴衣は注染や絞り、ローケツ染や松煙染などさまざまな技法で、綿だけでなく麻や綿麻、最近ではポリエステルなどの素材を使ったものが豊富にあります。中でも代表的なのは、注染の綿コーマではないでしょうか。お風呂上がり、パリッと糊の効いた綿コーマを素肌に着たあの感触、とても気持ちがいいですよね。地厚でしっかりとした平織の風合いは、浴衣の王道とも言えるのではないでしょうか。ただ綿コーマは、目の詰まった生地なので、太陽が照り返す時間帯だと涼しさに欠けることも。