電通にも強制捜査「東京オリ・パラ組織委員会」高橋治之元理事「AOKI収賄疑惑」の行方

東京五輪の新たな闇

紳士服大手の「AOKI」から、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之元理事が約4500万円を受け取った疑惑で、東京地検特捜部が強制捜査に着手した。

高橋氏が'11年まで顧問を務めた広告代理店「電通」にも捜査は及び、収賄事件として立件されるとみられている。

 

日本で五輪、世界陸上、ワールドカップなどを巨大ビジネスに育て上げたのは電通であり、高橋氏は担当幹部として世界のスポーツ界のドンたちに人脈を広げてきた。

東京五輪の招致にも深くかかわり、慶應義塾後輩である竹田恆和・東京五輪招致委員会元理事長を支援して、票集めのためのラミン・ディアク世界陸連前会長らに対する工作にも当たった。

関連記事