2022.08.03
# 安倍晋三

下関の大豪邸、山梨の別荘、株と預金…妻・昭恵さんVS.姑・洋子さん「安倍元首相の相続」の行方

安倍家最後の一家団欒

夫を、そして息子を喪った後、嫁と姑が支え合って生きる。世の中にはそんな家族もいるが、安倍家は違う。「政界のゴッドマザー」と「自由奔放なお嬢様」が二人仲良く暮らせるわけもなく―。

「(義母・洋子さんと食事をするのは)本当に月に1回か2回くらいです」

安倍晋三元首相の妻・昭恵さんが本誌のインタビューでこう語ったのは、'14年のことだった。当時、昭恵さんは神田に居酒屋「UZU」を開店し、脱原発を表明するなど自由奔放に活動していた。こうした昭恵さんに対し、姑の洋子さんは苛立ちを覚えており、二人の間には深い溝があった。

だが、それから8年が経ち、安倍家の「嫁姑戦争」は目に見えて改善した。94歳になる洋子さんの健康のために、昭恵さんも一緒に朝の散歩に出ることも。渋谷区富ヶ谷にある自宅マンション(下の写真)では2階に晋三・昭恵夫妻、3階に洋子さんが暮らしていたが、3階に夫婦が行って三人で食卓を囲むことが増えた。

安倍元首相の富ヶ谷の自宅(photo by gettyimages)

7月8日も、家族揃って朝食をとった。晋三氏は、奈良へ向かうため慌ただしく準備をしていたという。そしてこれが、安倍家最後の一家団欒となってしまった―。

関連記事