2022.08.05
# 事件 # ライフ

今年も出現…最強ヒグマ「OSO18」が大繁殖の「さらなる恐怖」

もう人間の手には負えない…

7月に入り牛が次々と襲われる

「7月に入り、放牧中の乳牛5頭が襲われ、そのうち4頭が死亡しました。問題個体とされている『OSO18』が今年も現れたのではないかと、再び恐怖が広がっています」(北海道・標茶町の住民)

2019年以降、60頭以上の牛を襲い続けているヒグマ「OSO18」によると見られる被害が、またもや道東の標茶町(しべちゃちょう)で相次いでいる。

Photo by iStock
 

「OSO18」(以下オソ)は最初に被害を出した標茶町オソツベツの地名と、現場に残された足跡の横幅が18センチだったことからコードネームが付けられた。推定体重は350~400キロと超大型のヒグマである。

オソは他のヒグマと違い、仕留めた獲物をほとんど口にしてこなかった。そのため、弄ぶためだけに牛を襲っていると考えられる状況が続いていた。

だが、今年に入ってからの被害はこれまでと異なる点がある。猟友会の関係者が打ち明ける。

SPONSORED