アメリカで「スタグフレーション」の気配が濃厚に…日本にとって「最悪の展開」かもしれない

米国経済の失速が懸念され始めたことで、為替が円高に進んでいる。急速な円安は日本経済にとってデメリットが大きく、円安の是正は一見、良いことのように思えるが、話はそう単純ではない。景気失速の原因がインフレだった場合、米国経済がスタグフレーションに陥り、金利を下げられない可能性が出てくる。そうなった場合、日米の金利差は縮小されず、日本企業の業績がさらに悪化するというスパイラルにも陥りかねない。

住宅失速の原因は金利なのか?

これまでの米国経済は、インフレが懸念されながらも何とか成長を続けてきた。自動車産業を中心に日本メーカーの主戦場は米国市場であり、米国経済が失速すると、ただでさえ落ち込んでいた日本経済は目も当てられない状況に陥る。ところが、頼みの綱だった米国経済に徐々に暗雲がたれ込み始めている。

米商務省が2022年7月28日に発表した4~6月期の実質GDP(国内総生産)は前期比0.9%のマイナス(季節調整済み、年率換算)と、2四半期連続のマイナス成長となった(1~3月期の成長率はマイナス1.6%)。

〔PHOTO〕iStock
 

マイナス成長が2期連続するとテクニカルリセッションとされ、機械的には景気後退局面との解釈になる。この結果を受けて、米国経済のリセッション入りについて議論が行われているのだが、今の局面においてこの議論はあまり意味をなさないと思って良いだろう。

今回の失速がインフレによるものだった場合、マイナス成長に転落したということは、米国経済がスタグフレーションの一歩手前に位置していることを意味する。もしそうなら、リセッションかどうか悠長に議論している場合ではなくなってしまう。

関連記事