2022.08.06

33歳年収900万円男性が青ざめた…借金をして500万円を「投資」した結果、訪れた「衝撃的な結末」

お笑い芸人、TKOの木本武宏さんの投資トラブルが話題になっています。

報道や木本さんのインタビュー記事によると、木本さんは自らもFXや不動産に投資をしながら、他のお笑い芸人などにも勧めていたところ、お金を預けていた2名の個人投資家と連絡が取れなくなったり、利益を受け取れなかったりしたということです。

木本さんの件についてはまだ全容が明らかになっていませんが、芸能人のケースに限らず、投資詐欺事件は後を絶ちません。「おいしい話には裏がある」というのは誰でも知っていることのはずなのに、なぜ被害に遭う人が出てしまうのでしょう。

つい騙されてしまうその心理や手口について、堀井亜生弁護士が解説します。

PHOTO by iStock
 

同僚に紹介されたコンサルタント

有名企業に勤めるAさん(33歳)は、年収が900万円ほどありました。しかしAさんは、会社からもらう給料だけでやっていけるのか、ずっとこの会社にいていいのか、資産を増やす方法はないかと考えていました。

ある時、職場の同僚が投資で儲けていると噂になりました。同僚に話を聞くと、投資に興味があるなら紹介したい人がいると言われました。シティホテルのラウンジに連れられて行くと、Bさんを紹介されました。同僚はBさんを投資コンサルタントだと言い、「Bさんのおかげで俺は投資で儲かってるんだ、本当にすごい人だよ」と話しました。

Bさんは高級なスーツを着ていて、時計やバッグなどの持ち物もすべてブランド品で固めています。知り合いには芸能人やスポーツ選手がたくさんいると話していました。

ラウンジを出ると、Bさんは二人を高級な寿司屋に連れて行きました。めったに食べられないような寿司のコースをおごってもらい、その日はその場で解散になりました。

その後もAさんは、同僚とBさんから食事会に誘われました。Bさんが語る投資のテクニックはAさんには全く理解できませんでしたが、自信満々に話す様子を見て「きっとすごい人なんだ」という気持ちになってきます。

何度か食事に誘われて、人脈や投資の話を聞いていると、AさんはすっかりBさんを尊敬するようになっていました。

SPONSORED