2022.08.05

「ストーカー被害の相談をしたら爆笑された」……“アスペルガー症候群”の夫の言動に青ざめた妻の告白

仁科 友里 プロフィール

夫の予想だにしない反応

これまで「心配をかけてはいけない」と夫には黙っていたが、意を決して打ち明けた。

「すべて話したんです。そうしたら、夫が大笑いしたんです。『その人、面白いね』って。私の恐怖が全く伝わっておらず、笑い話だと思ったみたいです」

小児精神科医・宮尾益知氏は『発達障害と人間関係 カサンドラ症候群にならないために』(講談社現代新書)において、アスペルガー症候群について「『想像すること』『社交性』『コミュニケーション』、あるいは『こだわり』や『感覚』など多くの場面において問題があり、感情を共有することが困難」なことを特徴としてあげているが、葉月さんの夫にとって「見知らぬ男性に付きまとわれたら、女性がどういう気持ちになるか」と想像することが困難で、「夫として、どういう言葉でコミュニケーションを取るべきかわからない」という特性が出てしまったと言えるだろう。

「交際中は、夫は私が無事に帰宅できたかをすごく気にしてくれて、最寄り駅や家についたら必ず連絡がほしい、起きて待っていてくれる人でした。そんなに優しかった人が、結婚した途端にこんなふうに変わってしまうなんて、信じられませんでした」

マメだったアスペルガー症候群の夫が、結婚を機にそういった優しさを一切放棄することはよくあることだ。

前出・宮尾氏は『発達障害と人間関係 カサンドラ症候群にならないために』内において、結婚後に豹変する理由を二つ挙げている。同書の内容をまとめると、ひとつめは、アスペルガー症候群の人は「他人の気持ちを想像するのが難しい」という特性を持っているが、一方で“事前学習能力”に優れているため、どこに出かける、どこで食事をするなど、ある程度マニュアルで対応できるデートの演出はお手の物らしい。

 

二つめの理由は、アスペルガー症候群の人は合理性を重んじるからだそうだ。結婚などはっきりした目的がある場合は、アスペルガー症候群の人はそれを達成するまでは猛然と努力する傾向があるという。

SPONSORED