2022.08.05

「ストーカー被害の相談をしたら爆笑された」……“アスペルガー症候群”の夫の言動に青ざめた妻の告白

仁科 友里 プロフィール

やがて葉月さんは妊娠した。初めての妊娠と出産では、女性は心身ともに不安定になりがちだ。こんな時こそ、夫によりそってほしいものだが、上述したとおり、アスペルガー症候群の人たちは、「想像すること」や「コミュニケーション」が苦手という脳の特性を持っている。

「どうして普通の幸せが手に入れられないんだろう」

『カサンドラのお母さんの悩みを解決する本』(河出書房新社)で、宮尾氏は、この特性のために、アスペルガー症候群の人は「妻に優しい声をかけたり、愛情を示すという発想に乏しく、夫婦関係がギクシャクしてしまう場合があります」と解説している。

「確かに夫は私が妊娠しても、優しい言葉なんてなかったですね。それどころか、全く興味を示さなかった。彼はランニングが趣味で、雨の日でも走るんですが、タイムにこだわりがあって、私に毎日報告してきます。

でも、赤ちゃんについて自分から何か言ってくることはありませんでした。『女は自分の体の中に赤ちゃんがいて十月十日一緒に過ごすけれど、男はそうじゃないから実感がないのよ。生まれたら変わるわよ』と言ってくれる人もいましたが、私は変わらないだろうなと思っていました」

 

実際、お子さんが生まれた後も、興味を示さなかった。夫は土日も出社していたことから、葉月さんはワンオペ育児を迫られたが、金曜日や連休前には買いだめをして、休みの日になるべく外に出ないようにしていたそうだ。

「休みの日に親子連れが歩いているのを見るのが、つらくて。事情を知らない友達と子連れでアウトレットに出かけたことがあるんですが、親子連れを見たら涙が出てきてしまって。どうして私はこんなフツウの幸せが手に入れられないんだろうと」

SPONSORED