2022.08.05
# ライフ

アスペルガー症候群の夫と結婚生活を送る「カサンドラな妻」が“3つの絶望”を経験して初めてわかったこと

夫の無関心、周りからの理解の無さ

夫が「アスペルガー症候群」と診断されたことで、葉月さんは夫の謎行動の原理がわかるように。しかし、前回記事でご紹介したように弁護士に「アスペルガー症候群というだけでは離婚できない」と言われたことで、「一生、我慢し続けなければならないのか」と別の苦悩を背負うことになる。

photo by iStock

実は葉月さんはヨーロッパ某国で知り合った、筆者の友人である。私は彼女がアスペルガー症候群の夫を持つことで発症したカサンドラ症候群に苦しみ、そこから立ち直る姿をずっと見てきた。今のように発達障害に関する情報も理解もない時代だったので難儀したが、葉月さんはカサンドラを脱した。より客観的な提案をするために、今回は私から見た葉月さんの“脱カサンドラ”を記してみたい。

葉月さんのようなカサンドラな妻たちは、三つの絶望を経験すると言えるだろう。

「第一の絶望」とは、夫の無関心である。多くの妻が、夫に自分や子どもに興味を持ってほしいと訴えるだろう。しかし、アスペルガー症候群の夫がそれを聞き入れることはない。なぜなら、彼らの無関心は「わざと」ではなく、脳の特性によるものだからである。

 

変わろうとしない夫との生活に疲れ果て、友人や実母らに「夫が変だ」と訴えても、理解されない。これがカサンドラな妻たちを待ち受ける「第二の絶望」である。

アスペルガー症候群の夫は、こだわりの強さと想像力がないという特性から、エキセントリックな行動に出ることがあり、彼らと接した経験がない人に理解してもらうことはまず無理と考えたほうがいい。理解が無理なら、せめて友達や母親に共感してほしいとカサンドラな妻たちは願うだろう。

SPONSORED