主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで実話をもとにした漫画を描き、59.4万人のフォロワーがいる、ちなきちさんの人気作『僕と帰ってこない妻』。主人公は妻と子を持つ、ごく普通の会社員・倉田和樹。周りからはイクメンでよくできた夫だと評価されていますが、妻の雪穂が家出し帰ってきません。なぜ2人はすれ違ってしまったのか。夫婦関係が変化した、妊娠初期のことを和樹は振り返ります。

前編【「主婦なのに家出するなんてとんでもない嫁」と言う同僚に“ブチ切れ”た女性の正体】から続く、後編記事です。

主婦を下に見る同僚にブチ切れた女性の正体

妻の妊娠、そして退職をきっかけに大黒柱として会社での評価を得ようと奮闘する夫の和樹。嫌いだった上司にも媚びへつらうことで会社での評判を上げていきます。同時に主婦として家にいる雪穂への態度が横暴になったばかりか、子育てに対しても意欲的になれず、検診・出産も一切立ち会いませんでした。

けっきょく和樹と雪穂はすれ違いが続き、雪穂は子どもを連れて家出します。

あるとき和樹が妻の家出を同僚に打ち明けたところ、同僚は「専業主婦なら夫の稼ぎで生活しているわけだし、そのうち帰ってくるだろう」と言い、それを聞いていた同期の女性・花田さんは、怒りを露わにするのでした。

『僕と帰ってこない妻』#46(前編)より。漫画/ちなきち
-AD-

出産前の穏やかな花田さんからは想像できないブチ切れ具合に戸惑う同僚の塩田と、花田さんの発言に思うところがある様子の和樹。花田さんは、雪穂と同じタイミングで出産していることもあり、和樹たちのことが他人事ではないと感じたようです。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち