2022.08.13
# ライフ

山手線で心肺停止! 生死をさまよった50代女性が、2週間前に感じていた「予兆」

心疾患ではないと思い込んでいた

日本で「突然死」で亡くなる方は年間およそ10万人、7分に1人が命を落としています。その原因として最も多いのが、心筋梗塞や狭心症、不整脈などの「心疾患」です。

医療ライターの熊本美加さんは、2019年11月に山手線の車内で心肺停止になり、その後さまざまな苦難を乗り越え、日常生活に復帰しました。

熊本さんがライターの仕事に戻るまでを詳細につづった記事は、Twitterで大反響。その「蘇りルポ」をマンガ化し、主治医の東京都済生会中央病院・鈴木健之先生の監修で、万が一に役立つ情報も盛り込んだのが『山手線で心肺停止! アラフィフ医療ライターが伝える予兆から社会復帰までのすべて』 です。

毎年の健康診断は「問題なし」。また職業柄、健康に関する知識は人よりあったはずの熊本さんが、見過ごしてしまった“異変”とは何なのかご本人に聞いてみました。

 

自宅で倒れていたら、確実に死んでいました

――熊本さんは、それまで基礎疾患もなく、いつも精力的に取材や執筆をされていて、「実は心肺停止で入院していたんです」と後から聞いて、周囲の方は本当に驚いたと聞いています。

熊本さん:そうなんです。私も、それまで有名人や知人が「心不全で亡くなった」「脳卒中で倒れて入院中」といったエピソードを耳にするたびに、「まだ若いのに、信じられない」「元気そうだったよね……」とショックを受けつつも、どこか他人事でした。「自分だけは大丈夫!」と根拠のない自信を私は持っていたんですね。あの日、山手線の車内で倒れて初めて、「もしも」は誰にでも起こりうると実感しました。

――山手線の車内で倒れたんですね。

熊本さん:はい。私は50代バツイチ、猫3匹との4人暮らしで、コロナ禍の今は、ほとんど自宅で仕事をしているフリーライターです。今思うと、倒れたのが山手線の車内で、本当に幸運だったと思っています。

熊本さんの同居猫たち

約1年前のあの日、たまたまアポがあり、朝方に胸が痛むので「少し遅れます」と先方に連絡。待ち合わせ場所に向かっていた電車内で、「まさか」はやってきました。

心肺停止で、一瞬で失神。後から聞いたら、顔面を強打し、大量の鼻血を流し、口からはブクブクと泡を吹いていたそうです。その姿を目撃した乗客の女性が、即座に携帯電話で救急車を手配。連絡を受けた車掌さんの指示で、次の駅に待ち構えていた駅員さんによってAED&心臓マッサージが行われ、5分後には駆けつけた救急隊によって病院に搬送されました。

――ひとり暮らしだったということですが、ご家族もかなりショックを受けられたとか。

熊本さん:集中治療室に駆けつけた親族に、医師から「命が助かるかわからない。たとえ命を取り留めたとしても脳にダメージがあり、障害が残る可能性が大きい」と伝えられました。

意識なく横たわる私の周りで涙しながらも、「葬儀」「脳死」「後遺症」という恐怖に怯え、「いったい誰が介護する?」「3匹の飼い猫はどうする?」とシビアな話し合いがあったようです。

人工心肺につながれた熊本さん

――でも、救急搬送後に人工心肺に繋がれて1週間後、熊本さんの心臓は自力で動き出したんですよね。

熊本さん:そうなんです。「倒れたのが多くの人が居合わせる都心の電車内だったのが幸いでした。ご自宅で倒れていたら、亡くなっていたでしょう」と主治医に言われました。

内側から鍵をかけた一人暮らしの密室は、安全と危険が背中合わせの環境。たとえ同居しているパートナーや家族がいたとしても、突然倒れた時に一人だったらリスクは高いです。「もしも」に日頃から備えるべきだと悟りを開きました。

――ちなみに、救急車で運ばれた熊本さんの身元はどうやって判明したんですか。

熊本さん:スマホはパスワードでロックがかかっていて使いものになりませんでしたが、財布に父の名刺を意図せず入れていたおかげで連絡がつきました。これはオススメの方法。

また、スマホにはロック解除せずに緊急時の連絡先電話番号、自分の住所・血液型・服用薬などの情報にもアクセスできる機能があります。私は回復後に、早速設定しました。

SPONSORED