2022.08.08
# ライフ

39歳妻が、3歳年下の「モラハラ夫」との離婚を決めた「衝撃の一言」

もうこれ以上、この人とは無理

「まさか自分が『モラハラ夫』だとは思わなかった」――モラハラを理由に妻から離婚を切り出された男性たちの多くは、決まってそう言います。モラハラという言葉を知ってはいたけれど、まさか自分が妻にモラハラをしていたという自覚はないし、妻が自分の言動で傷ついていたことにも気づいていない、というパターンです。

男女問題の専門家である筆者の元に相談に訪れた安田優美さん(39歳・仮名・会社役員)の夫も、その一人でした。バーで知り合った2人が勢いで結婚するまでを紹介した【前編】『39歳妻が絶句…「一目惚れ」で結婚した年下夫の「ヤバいモラハラ」が始まったきっかけ』に引き続き、優美さんが受けたモラハラの実態、さらには夫婦間のモラハラを解決する方法について解説します。

 

高熱で苦しむ妻に向かって…

日中は家でゴロゴロしながらマンガを読み、夕方になると市場調査と称して飲みに出かける夫を腹立たしく思いながらも、「結婚を決めたのは私だから仕方ない」との思いから、何も指摘できずにいた優美さん。はじめて夫への怒りがあふれてきたのは、彼女が新型コロナウイルスに罹患したときでした。

Photo by iStock

40度近くの高熱が出て喉も痛い状態で、夫にうつさないようカップラーメンやポット、パンや水など数日間の食料を持って自室にこもって自宅療養をはじめたところ、数時間もたたないうちに夫が優美さんの部屋のドアをたたきました。

「オレのメシ、どうなってんの?」

SPONSORED