2022.08.06

「核兵器のない世界」へ…岸田首相が表明した「信念」は「理想論」に過ぎないのか

NPT会議で演説

諦めるわけにはいかない

正直言って、岸田文雄首相が8月1日午前(米国東部時間)にニューヨークの国連本部で開催された核拡散防止条約(NPT)再検討会議で行った英語による演説は、もう少し評価されても良かったのではないか――。異論があるのは承知している。

確かに、新聞各紙は大きく報道した。読売新聞(2日付朝刊)は1面左肩に「核軍縮へ行動計画表明―首相、透明性向上訴え―NPT会議」の見出し、3面では「『NPTの守護者』強調―首相演説、核軍縮機運低下を危惧」のヨコ大見出しを掲げて詳報した。6面には首相演説の全文を掲載している。

photo by gettyimages

朝日新聞(同)も1面左肩に「NPT 首相『守り抜く』―核兵器の不使用・減少など提示、最終文書の採択焦点」の見出し、2面でも「核廃絶の『理想』どこまで―意気込む首相 厳しい安保環境―核禁条約には触れず」の見出しを掲げて、「読売」同様に詳しく報じた。

両紙報道の違いを一点だけ挙げる。「朝日」が、2015年の前回再検討会議で軍縮が進まない状況から核保有国と非保有国が対立し、合意文書が採択できなかったこともあり、失望した非保有国が中心となり17年に「核兵器禁止条約」が成立したものの、核保有国は参加していない上に米国の「核の傘」の下にある日本も批准しなかった点を、指摘していることだ。

 

核禁条約問題に言及するには紙幅が足りないので、本稿では筆者の現時点での関心事に傾注したい。先ず指摘すべきは岸田演説の冒頭である。少々長いが引用する。

《私は、今回のNPT再検討会議に強い危機感を持って、やって参りました。外相として参加した2015年会議の決裂以降、国際社会の分断は更に深まっています。特に、ロシアによるウクライナ侵攻の中で核による威嚇が行われ、核兵器の惨禍が再び繰り返されるのではないかと世界が深刻に懸念しています。「核兵器のない世界」への道のりは一層厳しくなっていると言わざるを得ません。しかし、諦めるわけにはいきません。被爆地広島出身の首相として、いかに道のりが厳しいものであったとしても、「核兵器のない世界」に向け、現実的な歩みを一歩ずつ進めていかなくてはならないと考えます。そして、その原点こそがNPTなのです》

関連記事