2022.08.06

単複のベタ買いで大幅プラス……! “総帥”岡田繁幸氏が遺した種牡馬の産駒がとにかく走る ステイゴールドとの共通点も

血統的に地味だから人気にならない

空の上では、きっと“総帥”が微笑んでいるはずなのだ。いや、ドヤ顔でこちらを見つめているかもしれない。期待したあの馬の産駒が、こんなにも走っているのだから。

ダノンバラードである。

「タネ馬として本当に見どころがあるんですよ。子供がデビューしたら、バンバン走って、みんな驚くと思います。まあ見ててください」
ビッグレッドファーム(BRF)に立ち寄るたび、“総帥”こと岡田繁幸さんは言ったものである。

だから個人的に、今年の2歳戦のスタートを楽しみにしていた。もちろん馬券も買っていた。“総帥”にはこの場を借りて、深く感謝しなければならない。

ダノンバラードの立ち姿(写真提供/BRF)
 

現状の数字はのちほどお知らせするが、なにせ単複のベタ買いで儲かるのである。ここ最近の2歳戦には良血馬の出走が増えてきて、6月当初の勢いは影をひそめつつあるものの、それでも産駒の成績は優秀と評価するしかない。血統的に地味だから、人気にならないところがまた素晴らしいのである。

息子の岡田紘和氏(現BRF場主)に話を聞いてみた。すると、このように言って、こちらを驚かせたのだ。
「(種牡馬として)大当たりの部類だと言ってかまわないでしょうね」
「ディープインパクトのいいところは間違いなく受け継ぎ、産駒に伝えられていると思います」
「2年後にはゴールドシップ以上の活躍馬を出していてもおかしくありません」

 発言の根拠はどこにあるのか。

SPONSORED