※本記事は『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2の最終話の内容を含みます。ネタバレを気にする方は視聴後にお読みください。

Amazon Prime Videoで配信されている『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2が最終回を迎えた。魅力的なひとりのバチェロレッテ(独身女性)を射止めるべく集まった男性たちのうち誰が運命の相手に選ばれるか、までを追った婚活サバイバル番組。以前、こちらの記事で考察した『バチェラー・ジャパン』の男女逆転版だ。

舞台はタイの古都チェンマイ。バチェロレッテは、尾崎美紀さん(29歳)。学生時代に芸能活動をした後、まつげ美容液などを販売する会社を立ち上げ起業家として成功を収めている、美しさと可愛らしさを兼ね備えた女性だ。

予想外すぎて…モヤモヤが残った最終回

男性陣の奮闘ぶり、脱落する無念ぶり、などを一喜一憂しながら見届けつつ、あっという間に次は最終回。正直、「最後に選ばれる男性が予想ついちゃうけど……これで最終回盛り上がるんだろか?」と感じていた。

が、美紀さんが最後に選んだ男性の名前を呼んだ瞬間。

「ええええええええええええええ」

この一文字しか出てこなかった。ビックリしすぎて。予想外すぎて。

-AD-

最後に残った2人は、長谷川恵一さん(36歳)と佐藤マクファーレン優樹さん(29歳)。共にプロバスケットボール選手だ。美紀さんが選んだのは、序盤から終盤まで一貫して猛烈なアプローチを続けたマクファーこと佐藤さんだった。

誤解を招かないよう言うが、マクファーがダメなわけではない。長谷川さんが良すぎた。美紀さんとの相性、という点で

2人でいるときの空気があたたかく、お互いがお互いを好みだと感じていて、かつ自然体でいられる様子が伝わってきた。美紀さんに対して、いい感じに愛あるツッコミを入れられるのも長谷川さんだけだった。

序盤は消極的だったが、美紀さんと出会って変われたと言っていたし、彼の家族も変わったねと驚いていた。「自分じゃない誰かのために生きていきたい。そう初めて思わせてくれたのも美紀だった。これからオレの人生の第二章がスタートする。その人生は美紀に捧げる」という手紙は感動的ですらあった。美紀さんの心にも届いたように見えた。

なのになのに。

……美紀さん、実はまだ結婚する気ないん?
……長谷川さんに他の女性の影があった?
……もしかして「俺」じゃなくて「オレ」と書くのが気になった?

あまりに理解できなさぎて、私の脳がバグり始めた。こうなったら、なぜここまで腑に落ちないか、そしてなぜ長谷川さんを選ばなかったかを考えるしかない。Twitterを見ると、同じく結末に呆然とした人は山ほどいるようなので、一緒にモヤモヤを解消しましょう!